若ハゲの原因物質

男性は体の成長にともなって、盛んに男性ホルモンが作られ体毛が濃くなります。男性ホルモンの濃度が高いほど脱毛が起こるのであれば、ほとんどの男性が抜け毛に悩んでしまうでしょう。
男性ホルモンは、女性の体内でも分泌されていますが、女性の体内の男性ホルモンは分泌量が少ないので、男性と比べると体毛は濃くなりません。問題なのは男性ホルモン5aDHT(ジヒドロテストステロン)を強力な若ハゲ物質の5aデヒドロテストステロンに変えてしまう5a-リダクターゼ(5aR)という還元酵素のようです。
それは毛乳頭や毛母細胞に決定的なダメージを与えて、脱毛を著しく促進します。最も強力な脱毛原因の一つで、男性ホルモンが皮脂腺でつくられた5aリダクターゼという還元酵素の反応によってできた物質です。
このことから男性型脱毛症は男性ホルモンのみが作用して脱毛するのではなく、還元酵素と毛根周辺にテストステロンのレセプターの存在が必要条件になっているのです。
治療する為に医薬品 通販で効果的な育毛剤を購入する人も増えてきています。
しかし、毎日のシャンプーを欠かさず、頭皮を清潔にし、頭皮に炎症などがなくても、脱毛がとまらない場合があります。皮脂を分泌する皮脂腺もまた、男性ホルモンによって発達します。
皮脂には還元酵素が多く含まれています。そのため、毛穴の周りに皮脂が多く集まれば、男性ホルモンを強力な若ハゲ物質に変化させやすくなるので脱毛が発症しやすくなると考えられます。

Copyright(c) 2014 薄毛に悩んでいる男性へ All Rights Reserved.